メタボキラーコタラヒム 通販.asia

飲むアーユルヴェーダ、5000年前から使われていた
スーパーハーブを最高級品質でお届けします。




                スリランカの「コタラヒム」は、糖尿病、肥満、メタボリック、便秘等に効果絶大です。
使用法は、お茶や珈琲等に混ぜて飲むだけ!飲用者からの、多くの口コミ報告があふれています。

「コタラヒム」とは?

コタラヒムは、現地スリランカでは「コタラヒムブツ」と呼ばれており、インド洋に浮かぶ島国、スリランカに自生す
るトチノキ科の植物です。
学名をサラシアレテイキュレーターワイトと言い、その効能は、日本において栃の木が大昔から万病に効果があ
ると言われていたように、スリランカのコタラヒムブツも、国の言い伝えでは「万病に効く神からの贈りもの」と言
われています。

スリランカはハーブが豊富な国で人々は200種類以上のハーブを暮らしの中に上手に取り入れています。
中でも「コタラヒム」は今迄スリランカ農業省の輸出禁止ハーブに指定されていました。
政府の許可無く伐採出来ないという貴重な樹木です。

スリランカの伝承医学アーユルヴェーダにおいては、現在も多くの処方にコタラヒムブツが利用されています。
日本の財団法人日本食品分析センター等の権威ある検査機関が、コタラヒムブツの効能、効果について調査し
た結果、現実に 糖尿病、肥満、メタボリック、便秘 などによく効くことが実験で判明しました。

そんな 「メタボキラーコタラヒム、手軽に使いやすいシュガーパックのご提供です。
    

※コタラヒムの効果は、日本の検査期間の研究・調査結果で確認されています。

  • 糖尿病にコタラヒム
    コタラヒムはなぜ糖尿病に効くのか?
    理由A.αグルコシダーゼを阻害するから
    理由B.糖新生を抑制するから
     
  • ダイエットにコタラヒム
    コタラヒムはなぜダイエットに効くのか?
    理由C.リパーゼ阻害活性があるから
    理由D.便秘解消効果があるから
     
  • アルコールにコタラヒム
    コタラヒムを飲むとなぜ酔わないのか?
    理由E..アセドアルデヒド脱水素酵素の効果があるから

「メタボキラーコタラヒム」を生んだアーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは、生命(アユース)と知識・科学(ヴェーダ)で「アーユルヴェーダ」(命の科学)を意味し、スリランカやインドなど南アジア地域に伝わる伝承医学です。

近年、日本でもインドのオイル・マッサージなどでその存在が知られてきましたがスリランカでは薬草・薬木(ハーブ)を重用するのが特徴です。

約800種類以上もの効能あるハーブが今も生活に摂りいれられており、その内の1つが コタラヒム なんですね。

像の牙・骨なども使うインドのアーユルヴェーダ。コタラヒムもその内の薬草の1つです。インドのアーユルヴェーダは薬草・薬木にオイル、ヨガなどを加えて治療を行います。
スリランカのアーユルヴェーダは乾燥させた薬草・薬木、蜂の巣、牛乳、牙、骨など、動物由来の原料を使用して薬品を作り、これだけで人間が持っている自己治癒力を高める治療を行います。

この薬品の作り方は、スリランカ独特のものです。
5,000年以前から伝承されており、亜鉛、ミネラルも豊富に含まれています。
コタラヒムはアーユルヴェーダで使用される薬木としてはトップクラスに属します。

西洋医学が体の悪い部分だけを見るのに対して、アーユルヴェーダは心身全体を一つとしてみる奥深い医学で、現代の生活習慣病にも大変効果があります。

スリランカにはヴェーダダラーラというシステムがあり、政府の管轄になる専門病院が全国で47箇所あり2万人の医師を擁しています。
さらに民間の病院が100あり村医者や町医者によって、コタラヒム等の薬品を処方する所は800箇所にも及びますし、専門の研究所もあり、3つの専門大学では若い研究者を養成しています。

現在、若い人たちの受診が多くなり、スリランカの医学は西洋医学からアーユルヴェーダ医学へと移行しています。
現在スリランカ国民の66%の人たちがアーユルヴェーダ医学で薬品を処方してもらっています。

スリランカではアーユルヴェーダ治療院、アーユルヴェーダ薬局の看板が全国至る所で見受けられます。
コタラヒム等のハーブ等を使い、これほどに国民に定着した治療法は世界でも珍しいと言えるでしょう。

「メタボキラーコタラヒム」の詳細はこちらから

           飲むアーユルヴェーダ【メタボキラーコタラヒム】は、こんな方にお薦めです!   
                      健康を助ける、多くの効能が話題の【メタボキラーコタラヒム】。コタラヒムの詳細・通販はコチラです!         

     >>>コタラヒムの詳細・ご注文はコチラ♪<<<